海外山登りブログ

アラサー。2016年12月キナバル山、2017年1月キリマンジャロ、8月エルブルース登頂。体脂肪率22%、富士山登ったら1週間筋肉痛。ひそかに世界七大陸最高峰登頂狙ってます。

エルブルース最終日

   深夜12時だが、気温は0度程で思ったより暖かい。頂上付近のところにフィックスロープのところがあり、今日から腰にハーネスやカラビナ、スリングを付ける。要は滑落の危険がある場所があるにロープが固定さてているので、そこに自分の腰に付けたロープを結んで登る。始めて装着したが、ガイドが付けてくれるだろうから問題はないだろう。そして、雪上車にいざ乗り込み出発。

 

f:id:hkhk555:20170820132441j:plain

     30分ほどして、出発地点の4700mパスツーコフ岩に到着。まずはここから2時間掛けて300mほどの急登を登る。

 

     地獄だった。傾斜はもちろんだが、狭い道の為か1時間に1回しか休みが無く、ダンベルスクワットを休み無くやらされている感じだ。ダブルのブーツとアイゼンで片足2キロ強あるので、それもツラさを増幅させる。あまりにキツすぎて、わざと転げ落ちてリタイアしようかと思ったぐらいだ。しかし進むしか道は無く、心を無にする作戦や奴隷なりきり作戦もしたが、足首の裏の筋肉があまりにキツすぎて「キツイ」で2時間が埋め尽くされた。そして、やっと急登をクリアし、次はトラバースに突入。この図の④から5416mのところだ。

 

f:id:hkhk555:20170820132600p:plain

      ここはさっきの急登よりはましで普通にきついぐらいだ。フィックスロープのところもガイドが付けてくれ、危なげなく通過。2時間ほど歩いていくと、酸素が薄くなっていくせいか息切れが激しくなり、頭痛とめまいもしてきた。これはまずいと思い、ダイアモックスを飲むとある程度は楽になった。1時間ほど歩き、5416mの踊り場みたいなところに到着し、そこで小休止。最後の頂上アタックに向け、カロリー補給や重い装備はここにデポしていく。

 

f:id:hkhk555:20170820132645j:plain     

      最後の方は一歩一歩がきつかったが、なんとか2時間ほど登り5642mの頂上まであと10mといったところで、私の前を歩いていた参加者が先に到着した仲間とハイタッチしているのが見え、私も仲間とハイタッチしたい一心で最後の力を振り絞り登り、ヨーロッパ大陸最高峰に到着!

 

f:id:hkhk555:20170820132750j:plain

 

f:id:hkhk555:20170820132824j:plain

     しかし、残り数mの彼らのところまでいく体力は無く、マラソンの川内ばりにその場に倒れ込みハイタッチする事はできなかった。頂上では、15分ほど滞在しすぐに下山。帰りは2時間半程で下山できた。結局、登りは8時間で計10時間半。速い参加者のグループだけで行けば、8時間ぐらいだっただろう。

 

f:id:hkhk555:20170820132924j:plain

 

      今回の登山でわかった弱点としては、急登に弱いこと。今後は走り込みのスピードを上げたり、ランニングマシンの傾斜を上げる等して対策していくつもりだ。

次回は年内に南米大陸最高峰6962mアコンカグアを狙いたい。ガイドいわくキツさレベルでエルブルースを5だとすると、アコンカグアは10らしいのでがガチでトレーニングするしかない・・。

 

人気ブログランキング